Tuesday, April 01, 2008

The John Butler Trio@渋谷クアトロ

今年のメインイベントのトップ3に入ろうかという
The John Butler Trio Japan Tourがあるというのに
先月1日に私の愛機「iPod mini」が逝って以来の移動中音無生活。
がぁぁぁ。。 3代目購入の余裕もなく、当日を迎えることに。


18時。ハチ公前でAと待ち合わせ。
久しぶりの渋谷は相変わらずものすごい人混み。
20分過ぎくらい会場入りし、
平日だというのに既にかなりの客入りにビビる私w
さすが東京。
最後に渋谷のクアトロ来たのはいつだったか?
エントランス・ロッカー・トイレとステージのフロアが別になってた。
あと2公演見れるという余裕もあって、初日は中盤周辺で参戦。
SEのレゲエが心地いい。

19時少し過ぎ、スタッフのペンライトがチカチカッ、開演の合図。
客電が落ち、わき上がる場内。そしてメンバーの登場。
マイケルの乾いたドラム音で始まる"Campany Sin"で幕開け。
くぅ〜〜〜〜っ!!。。。カッカッコよすぎ*^^*
会場に漂う心地いいグルーヴに乗って、自然と体が揺れ動く。
(けして酔っぱらってるわけではない)

2曲目"Used To Get High"。
さらにテンション上がる上がる↑↑↑
もう周りなんて見えませんw自分の世界入りまくり。2曲目にして昇天!

3曲目"Betterman"を挟んで、本日初のスライドギターにチェンジ
シタールを思わせるような音色を奏でるジョン。
どこからともなくお香の香りがしてきそうな気がしました。
そんなインドチックなイントロで始まったのが
4曲目"Treat Yo Mama"!! 
ウォ〜〜ッッッ!!と場内一気にテンション再燃!!
四方八方から「かっけぇ〜」と唸るメンズの声。

「次の曲はハリケーン・カトリーナの被害にあった、
 ニューオリンズの人々に捧げる曲です」という紹介で始まった、
5曲目"Gov Did Nothin'"。
オリジナルはハリケーンの前兆を思わせるようなイントロで始まる曲。
ライヴではマイケルのパーカッションで。
阿部寛似の彼、
かなりの長身なんですが、身をかがめて演奏する姿に萌えますw

曲の余韻に浸りながら
次はなんだろう??とステージに釘付けになってると、

。。。!!!

なんと!珍しく(てか、初じゃないか?)

ジョンがエレキ。。。!!!


初めて聴く曲でしたが、JBTらしいアレンジの効いて良かったです。
後で調べたらカバー曲でした。でも誰のカバーかは未だ不明。。。

6曲目"Good As Gone"。
日本盤のボートラ。
海外ではシングル"Funky Tonight"のカップリングとか、
アルバム"Grand National"のユーロ盤(?)は2枚組のようで
ディスク2に収録されている模様。
安い輸入盤専門なんで、この曲はライヴ初めて聞いたけど
バンジョーの音色が心地よい曲でした。
。。が、個人的には
この辺で"Gonna Take it"か"Peaches&Cream"をやってほしかった

再び12弦の登場☆
ドラムのマイケル、ベースのシャノン、一旦退場。
。。。キ、キターッ!! 8曲目、"Ocean"!!
ボロロォーン。。。とイントロが始まった瞬間、
場内大歓声!まだイントロなのにw
JBTファンにはたまらんこの曲、オーシャン。
ジョンのギターテクを見ているだけでも感動するけど
この音を12弦ギター1本と足で刻むリズムだけで奏でてるとは
目をつぶって聞いてたら絶対想像できないはず。それくらい壮大な曲。
この曲聴くと毎回目頭熱くなりますT^T
終わったとたんものすごい歓声が場内を多いつくし、思わず鳥肌が。

ものすごい世界観を見せつけられた後は、
ちょっと緩い曲でブレイク。9曲目"Groovin' Slowly"。
ギタレレ(ミニアコギ)を胸元に抱え、
ちょっぴりコミカルに歌うジョン。かわいすぎ。もちろん萌えぇ〜

ライブも佳境に入ったところで、

デェ〜ォ♪ デッデォ♪ 

と、コール&レスポンス。
かなり長いことやってたけどw、これがすっごく楽しかった!。。てか、
お客さんとジョンの絡みがすっごく自然でよかった!
そしてそのまま10曲目"Zebra"!
♪ダッダッダララ〜♪と途中のコーラスはもちろん会場全体で大合唱♪
ピョンピョン飛び跳ねる人もいれば、横揺れでマッタリな人もいたりして
屋内なのに野外のような不思議空間でした。

11曲目"Better Than"で再びバンジョーを手に取るジョン。
Latest Album "Grand National"のオープニングを飾ってる曲。
バンジョーって気持ちいい。すごく陽気な気分にさせてくれる音色。
跳ねずにはいられなくなる☆

本編最後を飾るのは"Good Excuse"。
これも"Better Than"などと同様とっても楽しい曲。
シャノンのベースソロでは少々短めだけど
しっぶぅ〜いコントラバスの音色を聴かせてくれ、
マイケルのドラムソロに至っては
8曲目のオーシャンに匹敵するほどのロングソロで
ドラム&パーカッションを叩きまくり!
各々のテクを存分に堪能できたライヴでした。

アンコールでは、もはや「お約束ソング」となった"Funky Tonight"。
ジョンの早弾きイントロで始まり、マイケルのドラムで会場大爆発!!!


まさかの場内全体超特大モッシュダイブ!!!!!!


'07フジのスカパラ@グリーンステージを思い出しましたw
(下はそのときの様子。確実にどこかにいます、私。)



そんなシーンを目の当たりにして
わたくしが黙っているワケがありませんwww
はい、もちろん行きましたよ、


モッシュの嵐に飛び込みましたっ!


もう、ムッチャたのしかったw
まさか彼らのライヴでこんな体験できるとは!

最後は3人ステージ前に1列に並び、一礼。
ありがとぉ〜〜〜!!さんきゅぅ〜〜!!かんどぉ〜〜!!
方々から、とにかくいろんな声が聞こえてきました。
終演後にこんなに感謝の意を込めた歓声を聞いたのは初めてかも。

やっぱりいつものようにどうしてもセットリストが欲しかったので
穴場wのミキサーさんのところへすかさず駆け寄り、頂いてきました^^v

出待ちも一瞬考えましたが、
おなかペコペコだったので、ジョンより食い気に走ってしまいました。。
会場近くで偶然見つけた全席禁煙(すばらしいっ!!)ブリティッシュパブ。
コッテコテのイギリス料理をマグナーズ(アイリッシュサイダー)で。
久しぶりにベイクドビーンズとか食べれて感激でしたw