Thursday, October 16, 2008

The Zutons@Shinsaibashi Club Quattro 16/10/2008

8月に仕事やめるハメになって以来 収入が無いので
ライブや外出を控えようと思い、
今回のThe Zutonsはあきらめようと思ってたのですが
仕事辞める前に買ったチケットの買い手が見つからず自分で行くことに。
そんな事情もあったりでテンション全く上がってなかったけど、
会場着いたらそんなのもどこへやらといった感じw
開場少し前にMクンとスタバ前にて合流し、会場へ。
入口周辺には既に人で賑わってたので 番号順に並んでるのかと思ったら
どうやら階段下に並ぶほどお客が集まってなかったらしく(悲)、
ほどなくして整理番号順に並ばされてびっくり。
今夏のフジロック@ホワイトステージ
あんなに沢山の人で埋め尽くしたバンドの単独ライブなのに。。
私たちの前には2人しか並んでなかったので余裕の会場入り。
Abi嬢前を二人でガッツリと陣取る。
スタートまで約1時間、ほとんど音楽の話ばっかりしてたなw
7時少し前、ようやくNちゃんも合流。
あまりの動員の少なさに3人とも同様隠せずでしたが
逆に考えたらゆったり見れていいかもねぇ〜。。とプラスに考える。
7時15分過ぎ頃客電が落ち、メンバー登場☆
お客さん少ないせいか、声援も少なめに感じたのは気のせいか??
本日のAbiちゃん、フロントボタンの超ミニニットワンピ。かわゆすぎ。
Dave。。。太った??ロン毛の向こうに隠れる美しい瞳に萌え。
Russell&Seanのモジャモジャ頭は健在w
新たな発見としては、Russellの横顔が微妙に私の好みかも、ということw
新メンバーPaul(G.)、微妙にモジャ男
しかぁ〜し、大量のエフェクターを起用に使いこなす姿は男前
時にAbiのサックスか!?と思わせるパートをギターでやってたりして
まさに縁の下の力持ち。ブラボー。
去年の12月頃でしたかね、
ボーヤン(G.)が脱退したときいて、どうなる??Zutons??と思いましたが、
無駄な心配だったようでホッ。

1st1曲目"Zuton Fever"で幕開け。。。は、フジと一緒かな。
2曲目"Hello Conscience"で一気にテンションMAX!
3曲目にしてようやく新譜から"Bumbag"
最近"Bumbag"みたいなリズムの曲に弱いです。
横ユレできるロック。。。とでもいいましょうか。
年のせい??。。。いや、そうでないと思いたい。。。(汗)
5曲目"Family of Leeches"もしかり。
6曲目は私個人的には意外に感じた"Confusion"
やらないと思ってたのでちょっと意外でした。
チルアウト的な曲調で好きだけど、
これやるなら新譜のラストの"Little Red Door"をやって欲しかった。
Little Things〜Whats ur Probremで再び盛り上がり、
場内のテンションも絶頂か!?というタイミングで
9曲目"Valerie"!!
OASISの"Dont Look〜"に継ぐ、聴くとつい泣いてしまう曲。
しっとりとした後は"Harder & Harder"でテンションあげて
"Give Me a Reason"へ。
もうこの辺までくると、
何を演ってもワーワーキャーキャーと、変なテンションになってたw
本編ラストは"Why Won't You Give me Your Love?"
ノリノリ状態で終了。。。のはずだったのですが、
このラストの曲で後ろにいたイギリス人と数人の♂が
いきなりウチらの真後ろでモッシュを始め。。。
周りのドン引きな空気にも気付かずアホみたく盛り上がってました。
人少ないからと思って暴れてたのかもしれないけど、
もっと周囲の空気読んでやってくれって感じ。
アンコールではさらにエスカレートしてガンガン当たってくるし、
丁度いい込み具合で気持ち良くいいポジションで見てた人も
場所横取りされた感じで気分悪かったんじゃないかな。
てか、Zutonsでモッシュて。。。と思うのは私だけ?
これだけだったら私も呆れ顔程度で終わってたけど、
最後の最後、モッシュ野郎の1人から
左ふくらはぎに思いっきりケリを食らい、
怒り爆発!! むっちゃブチギレたっ!!
振り向いて思いっきり何度も何度も睨み付けてやったけど
回り暗かったせいで気付いてなかったらしく、
懲りずにアホみたく飛びまくってる姿を見てたら
こんな輩に怒るだけ体力のムダ使いだわと怒る気にもなれず。
てか、明らかに人の足蹴飛ばしてるの分かってるんだから、
わざとじゃなくても謝ってくるのが普通だろ。
こんな輩どもがいなかったら

「ものすごくいいライヴだった!!」

で終われたのに、非常に残念な出来事でした。
最後だけテンション下がる出来事があったけど
全体的には1時間弱で終了したとは思えないくらい充実してた。
"Tired of Hanging Around"
"Dirty Dancehall"は聞きたかったけど、
まいっか、と思えてしまうくらい大満足。
振り返ったら1時間くらいしかやってなかったの??て思ったほど。
セットリストも1st〜3rdからまんべんなく選曲されてたかんじで
ベストっぽい内容だったし。(ちょっと言い過ぎ?)
お金節約のために行かない予定だったけど、
今思えば買い手が見つからなくて良かった〜と思います^^;

ライヴ終了後、バーカウンターで偶然Kちゃんに遭遇。
三角巾で吊ってる右手が痛々しかったですが、
本人いたって元気でホッ。
S女史にもひっさしぶりに再会。
髪の色変わってて一瞬「誰?」て感じでした。すんません。

しばし入り口付近で余韻に浸った後、外へ出てみると。。。
ファンに囲まれたDave発見!!
すかさずウチらも写真攻めサイン攻めw
私なんて自ら彼の胸に飛び込んで熱いハグまでいただきました*^^*
ハグの感想は。。。見た目よりブヨブヨじゃなかったですw
意外にガッシリしとりました。
Abiちゃん出てくるのを待つというMクンを一人置き去りにし、
Nちゃんと共にパスタ食べに。
しばらくしてMクン帰還。激写したメンバーの写真を見せてもらう。
これがなかなかの画像ばかりで 、彼のセンスの良さを感じました。
しばし音楽談義に花咲かせた後、御堂筋線に乗って帰路に。

この週末はずっとZutons聞いてます。
新譜、ライブ前にちゃんと聞き込めなかったけど改めて聴くとすごくいい。
彼等のアルバムはどれも緩急しっかりしてて甲乙つけがたいです。


*The Zutons@Shinsaibashsi Club Quattro 16/10/2008*

Zuton Fever

Hello Conscience
Bumbag
Pressure Point
Family Of Leeches
Confusion
Those Little Things
What's Your Problem
Valerie
Harder & Harder
Give Me a Reason
Railroad
Why Won't You Give Me Your Love?

Don't Ever Think
Always Right behind You
You Will You Wont

No comments: