Monday, January 21, 2008

Kula Shaker@BIG CAT

今月の参戦ライヴ楽しみ度第2位、

Kula Shaker@BIG CAT

行って参りましたー♪ あーたのしかった*^^*
開場の6時ちょい前にBIG CAT到着。
最前狙いたかったけど案の定無理だったので
もうどこでもいいかなと思ったけど
うまいこと視界良好の2列目中央ちょいハリー寄りをキープ。
荷物を前の子にお願いしてフロントバー下に置かせてもらい、待機。
1人参加のライヴはここからがある意味地獄w
ドリンク買い行きたいなー、物販見にいきたいなー、と思いつつ
スタートまでの約1時間、じっと立って待つのみですからねー。
入り具合がいまいちだったら、
周りの人にちょっとお願いして。。。てのもアリだけど
今回はチケット完売してたし、
わりと早いうちから人入ってたからそれもできず。。

定時7時ちょい過ぎ、スモークがたかれ、客電が落ち。。。
うぉ〜〜〜っ!!!となったところで登場したのは、

アコギをもったツアースタッフのサイモン。

約20分くらいのアコギミニライヴを披露してくれましたw
今回のツアーではすでに恒例のようで、
私の横にいた関東から来たというコアなファンの彼女は
一緒に歌っておりましたw

19:40分過ぎ、ようやくクーラの登場!
オレンジのヨレヨレTシャツのポールw以外は全員スーツ。
一番かっこ良かったのは。。

アロンザ・ベヴァン☆

帽子までかぶってめっちゃダンディー。
うぅ〜〜。。見る場所アロンザ側にすれば良かった。。。
王子はモッズ風な細身のスーツに、グレーのシューズ。
これまためっさオサレェ〜〜*^^*
格好良さ度はアロンザの勝利だけど、王子はやっぱり王子でした!
ジェイのかわりに加入したハリーは、上下白(!!)
インにTシャツ、首にミニスカーフてのがちょっと。。。^^;

OP、いきなりHey Dudeから始まってテンションあげられてしまったら
こっちもそれに答えねばっ!とばかりに弾け倒そうと思ったのですが、
2列目にも関わらず周りがあまりにも大人しすぎてちょっと拍子抜け。
でもまあ暴れまくるだけがライヴではないし、
こういうのもアリか、と気持ちを切り替えライヴに集中。
クリスピアン、ギター最後まで変えることなく
エフェクター駆使してギュインギュイン☆ 私、指使いガン見w
アロンザのベースもステキングで惚れ惚れだし、
ポールも淡々とドラム叩いてるんだけどパワフルで胸に響くし
ハリーもクーラサウンドに必至の美メロを奏でてくれるしで
みんなすごく安定した演奏で安心して見れました。
途中、照明とバンドの演奏がすごくうまく絡み合った粋な演出を
照明さんが即興でやってくれたらしく、
クリスピアン満面の笑み浮かべて"thanx mike!!"と
照明さんにお礼言ってました。
セットはカヴァーソングや新旧織りまぜたいい感じ。
意外だったのは、アルバム「K」から
Temple of Everlasting Lightをやってくれたこと!
意外な選曲にびっくりでした。。。てか、これやってくれるなら

なぜにやってくれなかったのじゃ!>Grateful When You're Dead

パッパッパー♪て、合唱したかったのに。。。
(それに気付いたのは西宮北口を電車が過ぎた頃だけどw)
あと、いつも思うのがなぜcb Operatorやってくれないんだろ、と。
ノリ良くて絶対ライヴ向きの曲だと思うんだけどなあ。

帰り、久しぶりにTシャツ買いました。
さすがクーラ、3種類出してましたがどれも欲しくて迷ってしまった^^;
迷いに迷って、普段でも着れそうなデザインをゲット。

No comments: